特許権

特許権は、産業の発達に寄与する発明を公開した者に対し、その公開の代償として、一定の条件の下特許出願の日から20年間与えられる、発明の実施を独占できる権利です。 特許権者は、その発明に関する製品を独占的に製造、販売したり、他人に製造、販売のライセンスを与えたりすることができます。


  • 特許権を取得するまでの手続きの流れ

    特許権を取得するには、特許請求の範囲、図面、発明の詳細な説明を記載した明細書などの書類を特許庁へ提出することにより特許出願を行い、特許庁の審査をパスしなければなりません。この審査を受けるためには、出願の日から3年以内に、特許庁に対して出願審査請求をしなければなりません。 審査過程で、特許庁から拒絶理由通知が発行された場合には、出願人は、出願書類を補正したり、意見を述べたりすることができ、その内容を考慮してもらうことができます。 審査の結果、特許出願に拒絶理由がないと認められた場合には、特許査定が発行されますので、その後、所定の特許料を納付することにより、特許権を得ることができます。


  • 無料相談  
    簡易先行技術文献調査  
    出願書類準備  
    特許出願  
    出願審査請求/早期審査等  
    拒絶理由に対する意見書・補正書提出  
    特許査定・特許料納付/拒絶査定  
    拒絶査定不服審判

お問い合わせ

Tel
052-485-9111
FAX
052-485-9112
E-mail
nagoya@sansui.or.jp
受付時間
月〜金(祝日除く)
9時〜18時